【乳がん】告知~ひとりじゃだめなんですか?

お笑い芸人のおぎやはぎさんの、小木さんが

がんになったときのことを語っていて

家族も呼ばれずに、いきなり告知されたと、驚いていました。

彼も昭和の人ですねw

がん告知は、家族が診察室に集められて、しめやかに行われるもの。

そんなイメージがあるのが、昭和の人間ですから!

昭和の女ですが、私は告知されることを確信しながら

ひとりで病院に行きました。

パワハラが激しい=時代錯誤も甚だしい院長なので

夫が同行していないことを、どうせ何か言うだろうと思っていたら

案の定、なぜ夫がいないのか、と冒頭に聞いてきましたよ。

患者は私だよ!!

そして、私は立派なおばさん、もうすぐ還暦だよ!!

そんな立派な大人が聞きにきてるんだから、いいだろうがっ!

と言いたい気持ちをぐっとおさえて

出張中なんです。

と、さらっと嘘をついて流しました。

そうしたら、

いつ帰ってくるの?

おい!そこか?お前が確認するの、そこなの?

私の病気の話を私にすればそれでええじゃろが!!

と、言いたい気持ちをまたもや、ぐっとおさえ

来週です。 と、また大ウソをついて流したのでした。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)