【あつ森】サブ島の離島ガチャ その3(完結編)

離島ガチャの話は今回で完結です。

前回までの記事は、こちらからどうぞ。

サブ島の離島ガチャ その1

サブ島の離島ガチャ その2

新しいタブで開きます。

前回は、かぶりが増えてきたところまででした。

戻って出直すとき、言いたいですよね。

伝えられないもどかしさよ!

飛行機に乗ってからだって、言いたい!

この願いが通じているかどうか??

降り立った島にいたどうぶつさんは

メインの鳥島の初期住民、のりまきでしたよ!

そして…こんな展開にもちこみました!

!?となりますよね。

でも

これは、前々から考えていた計画なんです。

だから、今回の離島ガチャは大成功!

2つの島に同じ子!という

究極のかぶり状態になったのに

なぜ大成功か、というと

メインの島の住民は、どの子もだいじでかわいくて

引っ越しを許せる子が、いないんですよね。

でも、住民の固定化はマンネリをもたらしてしまうので

ある程度、定期的な入れ替えは必要だと認識しています。

だからって、選べないので、引越すのも、やむなし

とする子は新しい子2人と決めています。

でも、その2人のうちからも永住してもらいたくなる子が

出てきてしまう可能性はありますよね。

どうしたものか、と思っていましたが

サブ島を作ってスナイルさんをお迎えしたときに

思いついたのが、のりまき移住計画です。

スナイルさんは、雪男なんですよね。

おうちは、こんなです。

下の画像、右に見えるのがスナイルさんのおうちです。

ここは、ハムカツと、馬のセントアローちゃん、羊のメリヤスちゃんの

3人に用意した牧場でした。

左に見えるおうちに

ハムカツは今も住んでいますが、

女の子2人は旅立ちました。

ここを改造して、今のりまきが住んでいるところ

こんな氷のエリアを作って

のりまきとスナイルさんに住んでもらったらどうかな?

という計画です。

サブ島にのりまきをお迎えしておけば

メインの島でのりまきが

引っ越したいと言い出したとき、

送り出すことができる、という仕組みです。

そううまく運ばないだろうと、思っていましたが

思いがけず今回のガチャでのりまきに会えたので

この計画を実行にうつしました。

とはいえ、いつまでも両方の島に

のりまきがいてくれて良いのです!!

大好きなのりまきですから。

離島から、帰る間際の1枚。

遠目もかわいい💕

ここには、ハムカツにきてもらって

ああして、こうして氷のエリアを…と

構想をふくらませています。

こういうときの楽しさは、格別ですね。

その3までお読みいただき、ありがとうございました。

これにて、離島ガチャの話はおわりです。

引っ越しを含む島改造が終わったら、

サブ島ののりまきの様子も報告しますね。

投稿日:
カテゴリー: あつ森

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)