【乳がん】夫の心情~がん告知の受け止め方

がん告知から、延々とへっぽこ病院の話が長引いていましたが

なんとかかんとか、へっぽこ病院を辞去し

その足で、最初に調べたときにヒットしていた

もう1つの、乳腺専門の病院へと向かいました。

結果から言うと、今度は大当たりでした。

大当たりどころか、がんになってしまったのは悲しい現実ですが

こんなに素晴らしい医師に出会えたことは人生の財産だと

心から自分の幸運をありがたく思っています。

そして、今にいたる治療がスタートするのですが

その前に、夫の反応。

まさか!

そんなはずはない!

ほんとにそうなのか?

ほんとなんだな。

そうか、それなら仕方ない

治療がんばってくれ。

先にいかれたら、俺、ひとりぼっちになっちまう。

こんな感じで推移していきました。

そんなはずはない期が、若干長かったんですが

仕方ないですよね。

認めたくないのは本人よりも、むしろ家族なんじゃないかなと

逆の立場だったら…と、考えて思い至りました。

私と夫のあいだには、子どもがいません。

だから、私がいなくなることは、

彼が孤独な老人になることとイコールで結びついています。

かわいそうで、置いていけません。

なんとか、彼よりかは長生きしたいなあと、思います。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)