【乳がん】がん告知を受け入れる~私の心情

がんを告知されたとき

もとい、がんなんだろうな、

間違いなくがんだなと思い始めてからとも言えますが

ああ、そうなんだな。

これしか思いませんでした。

もっと動揺するものなのかもしれませんが

本当に、ああそうなんだ。

ほっとけば死ぬんだなと、思いました。

治療は、もちろんするけれど

治療したところで、死ぬかもしれない病気にかかったのは事実。

それでも、そうなんだ。

それしか思わなかったのは

さかのぼること10年前

人生のどん底を経験し(個人の感想です)

病気になって死んじゃいたいと、

本気で毎日思っていたころがあったからです。

私には私の子どもがいまして、当時まだ高校生でした。

親が自ら命を絶ったりしたら

子どもが、どれだけ傷つくことでしょう。

それはかわいそうですが

病気になって死んでしまえば、(事故でも同じですが)

仕方ないと、いつかあきらめに変わるだろうと、思っていました。

そこから、紆余曲折あって、

夫と結婚して今は、とても幸せ、という人生なのですが

一度、人生を終えた感があり

放置すれば確実に死に至る病になった

という現実を、すんなりと受け止めました。

だから、私の動揺はゼロでした。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)