【乳がん】小説からがんの基礎知識を学ぶ~「虚栄」編

久下部羊さんの著書の話を続けます。

「虚栄」は、国家の大きな政策として

がん治療プロジェクトが立ち上がり

そこに集められた

外科手術

抗がん剤

放射線

免疫治療

この4科の医師たちが

巨額な予算を独占するバトルを繰り広げる

というような話です(また、ざっくりすぎますがw)

ここで学んだのは、4科それぞれのメリット、デメリット

そして、4科に共通するのが

がんの根治は望めない、という現代医学の現実でした。

そういう知識を仕入れてほどなく、自分のがんが発覚するわけですが

本を読んでおいてよかったですよ。

記事にした2冊のほかにも

がん患者が出てくる話をたくさん読んでいたので

乳がんは、リンパ節に転移している時点で

血流にのってがん細胞が体中をめぐってしまっていること。

よって、根治しないこと

これらを知っていましたので、自分の病状を聞かされたとき

細かい話は、特に医師に確認はしませんでした。

ただ、根治はしませんね?と聞いておきました。一応w

図書館で借りて読んだ本は、刊行してから年数がたっていますから

最新の医療事情の確認は、絶対に必要です。

まあ、この根治の件はもちろん、はい。と言われましたけど。

がんが、再発の危険がまったくない

根治する病気になったら、大ニュースになるはずですからね。

この、根治しないことを確認した話は転院先でのことです。

次回から、転院先の病院の話になります。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)