【あつ森】フレンドとの交流

これまでの記事内に、何度か出てきていますが

あつ森の楽しさを教えてくれたフレンドがいます。

イブの前日にも「フーコ来てるよ!」と、連絡をくれたので

フレンドの島に遊びに行きました。

左から2人目が、サブ島の私、3番目がメイン島の私

両端の2人がフレンドなんですが、その後ろ!見えますか!?

ジュンくんですよ~~!!

かわいいですねえ。

島にお迎えしたことは知っていたんですが

フレンドの島でジュンくんに会うのは、初めてでした。

一度でも会って、お話しをしたら、もうお友だちです。

古参のパッチくんは、親しげに声をかけてくれます。

自分の島だけだと、一緒に暮らせるどうぶつさんは限られてしまいますが

フレンドの島のどうぶつさんとも仲良くなれるのは、うれしいシステムですね。

メインキャラのリゾート地にも、ジュンくんがいますがw

ここは、病院の2階、入院病棟です。

病院の2階を作ったのは、このキャラだけなんですよね。

どういう解放条件なんでしょう??

その病院でお医者さんをしてくれているビンタくんも

フレンドの島の住民です。

どこで会ってもかわいいですねえ。

抱きつぶしたくなってしまいますよぅ。

2キャラとも、レシピを教えてもらえました。

ビンタくん、ありがとう!

もう一度、この画像を見てみましょう。

両端の2人がフレンド、と書きましたが

フレンドも島を2つ持っているので、私同様、同一人物の別キャラです。

そして、このフレンド、実生活では「友だち」ではなく

実の姉です。

姉が先にあつ森で遊び始めて、はまっていたのは、知っていました。

誘ってくれてもいたし、私もプレイしてみたかったんですが

switchが品薄で、なかなか手に入らず、去年の今頃

ようやく遊べるようになったのです。

そして、2月の半ばに、開発途上の私の島に姉が遊びに来てくれました。

そのときの画像なんですが…

姉妹って、すごいですよね。

相談したわけではないのに、セーターがおそろいでした!

この日の画像を見直すと、もう撤去してしまったエリアが

そこかしこに写っていて、懐かしいです。

ここは、ステージでした。

青春時代がバブル期だった世代ですから、お立ち台で踊るのは得意です!

というのは、大ウソです。

私はディスコって、行ったことありません。

あ、今はクラブっていうんですよね。

姉は、今もジムで踊ってるようですし

ディスコも好きだったはずですが

センス振り回して踊ってはいません。

バブル世代がみんな、ああだったわけじゃないんですよぅ。

でも、2人ともボディコンは、着てましたね(恥)。

島から旅立ったどうぶつさんも、写っていて、しみじみしてしまいますが

…しみじみした気持ちが吹き飛ぶ、ベアードさんの立ち位置ですね。

タコリーナちゃん、よく広場前で歌っていました。

はじめちゃん、かわいいなあ。

まだ、その存在を意識してもいなかったしょう。

島の旗を変えてませんね。

キャンディーさんは、よくお花に水をあげてくれていました。

2つの島どちらにも、開発途上のとき

サンデーさんがいて、和ませてくれてるんですねえ。

私は「ファミコン」のころから、テレビゲームが大好きで

スーパーマリオとか、ドラクエ、FF、ポケモン…

発売になる新しいハードは、必ず買って、ディスクシステム(あまり普及しなかったらしい)や

スーパーファミコン、64、ゲームボーイ、ゲームキューブなどで思う存分遊びました。

その後、子育てや仕事が忙しくて、ずーっとゲームはしていなくて

久しぶりに遊んだのが、この「あつ森」です。

姉は、ゲームにはほとんど関心を示さなかった人なので

今になって、こんなにあつ森にはまっているのを見ると

びっくりしますが、あつ森のおもしろさを堪能しているわけですから

当たり前か、とも思います。

ここは、キャンプサイトですね。

わりと最近、さっきのステージがあったところに

このキャンプサイトを移設して、ここは今

キンカクとギンカクのおうちが建っています。

キャンプサイトのお客様をスカウトするには

島の子のうち、誰かに引っ越してもらわないといけないシステムは

どうにもこうにも受け入れがたく、

私にとっては、島内でキャンプサイトほどいらない施設はありません。

あっ!キンカクのお部屋の、スポットライト!!

なつかしい~~~

ペール同様、これもどうしても欲しい、と言われて譲ったことを

よ~く、覚えています。

だって、さっきのステージのところに飾ろうと思って

走って行く途中、ばったり会ったキンカクにもっていかれたスポットライトですもんw

キンカク、このスポットライト、どうしたんだよぅ!

それにしても…

楽し気に笑っているけれど

中味は、還暦周辺の2人…

そんな世代も夢中にさせる「あつ森」

任天堂さん、すごいゲームを開発してくれましたね。

これからも、姉妹で仲良く「あつ森」を楽しんでいきたいです。

投稿日:
カテゴリー: あつ森

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)