【乳がん】患者は私=私がしっかりしなくては!

看護師さんに、ステージ4であることを

どのように家族に伝えようかと相談し始めた矢先、

H先生が戻っていらっしゃいました。

看護師さんが、私の不安を伝えてくださると

H先生は

家族のことなんて、後でいい。

あなたがしっかりしなくちゃ!

ちょっと乱暴に聞こえるかもしれませんが

あとになればなるほど、まさにそのとおりと思えるお言葉ですね。

病気になったのは、私。

治療を受けるのも私。

だから、私がしっかりしなくては。

私が、私のために延命したいと思わなくちゃね。

H先生は、私が生への執着が薄い

やる気のない患者だと正しく察知なさったのでしょう。

ステージ4の乳がんは、すでに根治は望めず

治療も、延命治療となります。

しかし、根治せずとも、がんの増殖をおさえて

長くつきあっていければ、何年も延命が可能なわけです。

とはいえ、自分が生きたいのだと、強く思わなければ

延命などできるはずもありませんよね。

もちろん、家族のために、でも良いのです。

でも、そこに家族のために「も」

「私が」生きたい!という 強い思いは、絶対必要なのだと思います。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)