【乳がん】主治医のまさかの言葉「大丈夫」

医師は、普通言いません。

大丈夫

この言葉を、言いません。

責任問題に発展しかねない

やばい一言でしょう。

でも、H先生は、ステージ4の乳がん患者の私におっしゃいました。

あなたがしっかりしなくちゃ。

治療したら大丈夫なんだから。

ええっ!!!

腰がぬけるとは、このこと?

というぐらい、驚きました。

その後、生存率の話になり

5年が70%、10年が50%とも伝えてくださいました。

ステージ4ですから、余命宣告を受けても不思議はないと思っていたので

まさか?ほんとに?と脳内がぐるぐるしましたが、

医師が、相当の覚悟がなければ言えないことを

言い切ってくださったのです。

がぜん、やる気が出てきました。

治療すれば大丈夫、なはずはないんです。

100%大丈夫なはずはない。

それは、わかっています。

でも、この「大丈夫」は、無責任な気休めでかけてくださった言葉じゃない。

この先生は、大丈夫にしてくださるおつもりなんだ!

ということが、伝わってきて涙が出そうなぐらい感激しました。

この先生に私はついていく!!

なんてもんじゃありません。

がんにかかったのは、私ですから。

私は長生きできるように努力したい。

先生のサポートを受けながら、長生きしてみせる!!

まずは、5年生存の7割の中に絶対に入ったるでぇ!と、決めた瞬間でした。

私の主治医、名医ですよね。

患者の「よくなりたい」を引き出す魔法使いみたいな先生です。

毎日ひとつずつ記事を更新するべく、

下書きしたものを推敲しながら、予約投稿で準備をしているのですが

この記事、たまたま元日公開ですね。

年明けにふさわしい記事で、ちょっと驚いています。

今年もよろしくお願いします。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)