【乳がん】患者としての覚悟

乳がん患者となるまで、大病をしたことはありませんでした。

病院にはインフルエンザにかかったり、骨折したりしたときに

お世話になっていましたが、治るまでのことでした。

がんの治療を受ける、ということは、すなわち

医師に自分の命を預けていることになりますから、

「ドクターショッピング」という言葉があるとおり、

がん患者の中には、信頼できる医師に会えるまで

病院を何度も変える方も少なくないのでしょう。

私とて、最初の病院選びは大失敗でした。

それでも幸運にも、この先生の治療を受けたいという医師に、早い段階でめぐり会えました。

信頼できると、自分が判断したのですから、

主治医が提案する治療は、まずどんなことでも受けてみようと、決めました。

私は医師ではありませんから、がんという病気への理解、知識は

まちがいなく、医師より劣ります。

巷には様々な情報があふれていますが

その是非、正誤への判断力は、どう考えてみても医師のほうが高いのですから

まず、主治医を信頼してこの身、命を預けてみようと思うようになり

それは、今も変わっていません。

この先、不幸にも主治医を信頼できないと思うようになることがあれば

翌日には新しい主治医を探す旅に出るでしょう。

そんな覚悟で、治療を受けています。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)