【乳がん】 年金もらわずに死んでたまるか!

がんが発覚した年は、夫が定年退職を迎えた年でもありました。

夫自身は、勤務先の再雇用に応じるつもりはなく

いったん辞めて、もっと気楽なバイトで

年金支給開始まで、日銭を稼いでしのごうと思っていたようです。

でも、結果的には、再雇用に応じてくれました。

何も言わないけど、きっと治療費のためだろうと

申し訳なく思いつつ、感謝しています。

この年金ですが、私は夫より4つ年下なので

夫の年金受給開始時、手続きをすると、加給年金というシステムにより

妻が年金受給開始となる65歳になるまで

最大で年間39万円の年金が給付されます。

きっちり5歳差でこの金額なので

4歳差の私は、もっと少ない金額になるでしょうけれど

もらえるものは、もらわねば!ですよね。

と、同時に!!本当に私自身の年金がもらえるようになるまで

絶対に死にたくない!!と

へんなところで、生への強い執着が芽生えました。

私は長いこと、自営業者だったため、

夫の扶養家族になるまでは、国民年金に加入していました。

この掛け金を納めるのが、ほんともう

筆舌に尽くせないほどたいへんだったんですよー(号泣)

国民健康保険がセットになっているので

そっちが高額だったといったほうが正確なんですけど

ほんっとに、のたうちまわるようにして働いて納めてきた年金です。

もらわずに死んでなるものか!!です。

こう思うようになった、というか

自分の年金のことに思いがいたったのが、つい最近なので

こう思うようになったのは、記事の時系列からそれる、つい最近の話です。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)