【通院】注射の腕前

毎月必ず、診察前に行っていた採血検査が

12月なし、今月あり、来月なしと、隔月になりました。

病状が安定しているという、主治医の判断ですから

それだけで、とてもうれしいのですが

単純に、採血がない月があることそのものも喜ばしいことです。

採血のみならず、注射もふくめ

通院と注射針を刺されることは、セットですが

この注射針を刺すのが、うまい人とへたな人がいますよねえ。

採血室に入って、しばらく待機しているあいだ

ずらっと並んでいる採血中の看護師さんの中に

毎回、一発で刺してくれる方(なんか物騒ですね)を発見すると

あの人!あの人に採ってもらいたいんだよぅ!と

じたばたしたくなります。

もう、通院も1年半近くになりますので

針をさすのがうまい人、へたな人を覚えてしまっています。

へたな人にあたると、何度も何度も刺されて

時間もかかるし痛いし、青タンできちゃうし…

わざとミスしているわけではありませんから

文句を言ったらバチがあたりそうですが

やはり、上手な人に針をさしてもらいたいものです。

点滴で抗がん剤を入れてもらっていたときは

そういう決まりだったようで、毎回、医師が来て針を刺していってくれました。

化学療法室の看護師さんたちが、とても親切な方ばかりで

「時間ある?今お呼びできるドクターが、注射下手だから

 少し時間あけて、上手なドクターを待ったらどうかと思うんだけど?」

と、聞いてくださったときは

♪わたし、待~つ~わ!いつまでも待~つ~わ!と

歌いだしそうになりました。

この件や、化学療法室の方々のみならず

私が通っている病院の看護師さんたちは、どの方も

使い古された言葉ですが

まさに白衣の天使という言葉がぴったりです。

やさしく親切で常に患者をいたわってくださいます。

その方々が、にっこり笑いながら

ドクターの注射の腕前を「下手」と言い切ったのは

ちょっと笑ってしまいました。

看護師さんのほうが、上手というケースもあるのでしょうね。

投稿日:
カテゴリー: 通院

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)