【乳がん】ただちに影響はない

タイトルは、東日本大震災の直後、

原発の状態を説明するときに乱発されていたフレーズ。

これがいかに、いい加減なフレーズだったかは、後に明るみに出るわけだけど

がんの骨転移については、このフレーズで、家族に説明することになりました。

がん患者をサポートしてくださる看護師さんが

骨は、内蔵と違って生命維持に関与する部位ではないから

骨にがんが転移したといっても、ただちに寿命に影響はないことを

ご家族に伝えてみてはどうですか?

と、的確なアドバイスをくださったからです。

むべなるかな、なるほどねえでした。

とはいえ、ひとむかし前は、骨に転移してしまったら

もう、ほぼほぼなす術はなし、だったようです。

今は、ランマークという分子標的治療薬の効果が絶大で

ほとんどのケースで、がんの増殖をおさえられているようです。

この薬が開発、認可されていたおかげで、私の延命治療は順調に進んでいます。

医学の進歩はありがたいし

ランマークも、かなり新しい薬であることを考えると

治療を続けていくうちには さらに、新しい薬が開発認可されるだろうと希望がもてます。

ときどきニュースで流れてくる、がん患者の5年10年生存率のデーターも

10年生存率を調べるには、10年前にさかのぼらなければいけません。

医療の進歩は、日進月歩ですから、まさに10年ひとむかし。

今から5年、10年先はきっと、もっと生存率が高くなってるよ。

と、夫に言っています。

やはり、家族にがん患者がいると、そういったニュースに敏感になってしまいますし

じっと聞いているうちに、しょんぼりしてしまう夫を見ると

なんとしても、1日でも長く生きなくては!とも思います。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)