【あつ森】大好きなジェシカ、やっと会えたね!!

リゾート地で、とってもうれしいことがありました。

お仕事に行くたびに、今日はいるかな?と必ず探していたどうぶつさん

シカのジェシカにやっと、やっと会えました!!!

会いたかったよ~~~!!!

ジェシカ~~~!!!

ジェシカは、メイン島の初期住人でした。

こんな、な~んにもない無人島に、のりまきと私の3人で降り立ったジェシカ。

わけのわかってない島民代表(私)を、いつもいつも助けてくれました。

クリスマスのプレゼントを包んで渡すことを教えてくれたのは、ジェシカです。

切り株にいる虫に、そっと近づく方法を教えてくれたのもジェシカです。

少しずつ、仲間が増えていっても、ジェシカとのりまきは

私にとって特別な、だいじなだいじな友だちでした。

あるときから、島を鳥島にしようと思い立ち、ガチャで鳥さんばかりスカウトするようになりました。

鳥島といっても、ジェシカだけは特例にして、ずっと住んでもらおうと思っていました。

でも、鳥の中にシカがひとりじゃ、寂しいかなあ…と

ジェシカのために、男の子のシカさんをスカウトしようかと、真剣に考えたこともありました。

でも去年の夏、サブ島を作ることにしたとき、

そうだ、いつかサブ島に来てもらえばいいんだと気付きました。

それで、ジェシカが「引っ越す」と言いだしたとき、涙ながらに見送りました。

サブ島では、いろんな子と暮らす楽しさも経験したいなと思って

まだジェシカを呼んでいません。

ジェシカに来てもらったら、今度こそ本当に永住ですから。

サブ島の暮らしが1年ぐらいたったとき、ガチャで会えたら

ジェシカに来てもらおうと思っていました。

でも、ジェシカに会えない寂しさは、思ってた以上で

やっぱり「引っ越さないで」って、とめればよかったかなあと、思うこともよくありました。

ところが、アプデでハピパラが始まって、リゾート地で会えるんだ!と知ってから

毎日、毎日楽しみにしていた再会です。

おまかせください!!

売れっ子コーディネータにまでなったワタクシが、あなたのために

別荘をご用意させていただきます!!!

前にもちょっと書きましたが、私は自分のセンスにまったく自信がありません。

たいして素敵な別荘ができるとも思っていないのですが

それでも、だいじな友だちのために一生懸命作った別荘ですし

自分にとっての、うれしいお仕事の記念でもあるので

この続きは、別記事にまとめます。

投稿日:
カテゴリー: あつ森

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)