【通院】口内炎への処方

少し前の記事で、抗がん剤の副作用の口内炎について

まったく症状が出ていないと書いたのですが

10日ほど前に、舌の右横が痛くなりました。

痛みを感じたのが、夜寝る前で

すぐにモンダミンで口内洗浄をして寝たら

翌日には、治っていました。

でも、とうとう口内炎が副作用として現われてしまったんだなあと

胸の粉瘤が治らなかったとき同様、

免疫が落ちているんだなあ、とがっかりしました。

今月の通院時、主治医にそのことを報告しました。

事前にネットで調べたとき、ビタミンB2を補う薬が有効だと知ったので

そういう薬を処方されるのかな?と思ったら

主治医の見解は、口内洗浄をしていれば、それでOK。

もしまた炎症が出たときのための塗り薬を処方する、というものでした。

そうなんだ!

薬局で、ビタミンB2の薬剤を買おうかと思ったものの

すぐに炎症がおさまっていたので、買わずにいましたが

それでよかったようです。

その後、調剤薬局でも薬剤師さんと話をして知ったのが

末梢神経治療薬(指先のしびれ改善)として毎回処方されている

「メコバラミン(メチコバール)」に口内炎に有効なビタミンが含まれていることでした。

しびれそのものは、ほとんど意識しなくなるほど改善しているので

ただの習慣としてしか服用していなかったメコバラミンですが

今後は意識が変わりそうです。

当たり前のことですが、不要な薬はないはずですよね。

悪徳医者なら、いざ知らずですが。(笑)

今後また、舌が痛んだときは、塗り薬を試してみることになります。

でも、ほんの少しの炎症でも痛かったし

悪化するのが心配でしたから、もう痛まないことを願うばかりです。

投稿日:
カテゴリー: 通院

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)