【乳がん】長寿大国ニッポンで生き抜く

西郷輝彦さんの訃報に接し、最初に思ったのは

「75歳?まだ若いのに・・・」でした。

日本の平均寿命は、男女ともに80歳を超えているので

70代で亡くなるのは、早いなと感じます。

そんなことを思っていても、ふと我に返ると

そんなことを考えてられる身じゃないだろう!と思い直します。

がん告知をされたのが、55歳のときでした。

そのとき、5年生存率は70%で

10年生存率は50%だとも告げられました。

65歳まで生き延びられるかどうかが、五分五分です。

なんとしても、生き延びるほうの半分に入りたいと思っていますが

運よく入れたとしても、そこから、平均寿命までは

果てしなく長い道のりがあります。

女性の平均寿命=87.74歳ですから、ほぼ88歳。

88-65=23

なんと、10年生存率の門をくぐり抜けたあとも

まだ20年以上生き延びないと、平均寿命に達しません。

それを「長すぎる」「無理そう」などと

マイナスにとらえると、きりがありませんから

プラスなイメージをもちたいなと、思います。

医療は日進月歩ですから、これから先

今よりもっと素晴らしい薬や治療法が出てくることでしょう。

平均寿命までの30年ほどの期間を

なんとしても生き抜いて、医療の進歩を見届けたい!

がんが、死に至る病でなくなったという朗報を聞きたい!

そんなことを目標にしたほうが、楽しい人生になりますね。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)