【免疫】黒豆のある朝食風景

以前、【免疫】免疫力アップと漢方という記事にもしましたが

抗がん剤の副作用で下がり気味の免疫力を回復させたくて

漢方の考えに則った食生活を紹介している本を参考にしています。

寒い季節には、体を温めるとよいそうで

体を温める食べ物として黒豆や昆布などの「黒いもの」が紹介されていました。

黒豆は煮るのがめんどくさいので、紹介されていたほかの黒いもので

食生活に取り入れるのが簡単なワカメと黒ゴマを

積極的に摂取していることを母に話したら

無精者の娘に代わって黒豆を煮てくれました。

齢87の老母に、煮豆を作らせる娘・・・といっても57歳。

本来なら、私が母に手のかかる料理を作ってあげるところなのでしょうけれど

ありがたくもらってきて、毎日朝ごはんのときに食べています。

昆布も摂ろうと、おぼろ昆布ものっけています。

どういうわけか、抗がん剤治療が始まって以来

甘味への激しい渇望がありますので

うっすら甘く煮てくれている黒豆は、お楽しみです。

我が家の朝食は和食なので、このほかに

魚の干物、お味噌汁も用意します。

お味噌汁には、きのこと野菜をたくさん入れることを心掛けています。

残り野菜やきのこを、適当に鍋にぶち込んで煮て

お味噌で仕上げるだけですから、特別なお味噌汁ではありませんが

多数の食材を摂れるので、今後も続けていく予定です。

投稿日:
カテゴリー: 免疫

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)