【乳がん】がん患者とその家族

最近、姉に勧められて

Amazonのkindle Unlimited読み放題に加入したので

あつ森ばかりではなく、本も毎日少しずつ読んでいます。

今回は、「緩和ケア医が、がんになって」を紹介します。

著者は、本のタイトルにある通り、緩和ケア医の大橋洋平さんです。

あきらめる、そして頑張る。最後まで自由に「患者風」吹かせて…感動の手記。

「BOOK」データベースより

稀少がん「ジスト」にかかり、胃のほとんどを手術で摘出し

その後、抗がん剤治療中、100㎏だった体重が60㎏にまで減るなど

過酷な闘病生活の中で、著者が気づいたこと感じたことが

とても平易な言葉で綴られていて、読みやすい一冊でした。

胃に悪性腫瘍ができると、こんなにも過酷な闘病になるんだなと

「がん」といっても千差万別であることを改めて実感させられました。

一番印象に残ったのは、元看護師である著者の妻が

告知から始まる闘病期間中ずっと、夫(著者)に寄り添いながら

大いに嘆き、悲しみ、泣いていることでした。

そこに、著者個人と、ご夫婦の絆の強さを感じました。

一番つらいのは病気になった本人なんだから、と

悲しみを押し殺してしまう配偶者、家族も多いでしょう。

でも、この著者の妻は、最愛の人が病に苦しみ

いつか、目の前から消えてしまうかもしれない恐怖を感じていることを

夫の目の前で悲しみ、嘆きます。

そして、泣きながら患者となった夫に寄り添い、励ましていました。

そういう妻に、ときに八つ当たりをしながらも

一番つらいのは患者ではなく、家族ではないか?との記述をしながら

あきらめること、頑張ることを明確にしながら

夫婦で家族で、ともに闘病していく姿が綴られていました。

こういう夫婦、患者は美しいなと、しみじみ感じ入りました。

がんになったその日から、

世界の見え方が一変したと感じている私にとって

全編に共感できる一冊でした。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)