【乳がん】ステージ4をぶっ飛ばせ がんに負けない生き方

記事タイトルが題名の保坂隆さんの著書を読みました。

「ステージ4のがん」という診断を受けても、回復を目指し、前向きに毎日の生活を充実させて生きる人たちが増えています。その実例と共通点をくわしく紹介します。すべてのがんの患者さんと家族のための、勇気がわいてくる一冊です。

「BOOK」データベースより

ステージ4のがんという事実に負けず

まさにがんをぶっ飛ばすように生きるがん患者には

いくつかの共通点があると、著者は書いています。

精神腫瘍医の著者が、出会ったがん患者の生き方を挙げながら

その共通点について丁寧に書かれています。

精神腫瘍医については、こちらの記事をご参照ください。
  ↓
【乳がん】もしも一年後、この世にいないとしたら。

共通点は複数あるのですが、

「標準治療を選択している」という項目では

現代医学の目覚ましい進歩についてや

併用するという前提での代替療法・補完医療について触れられていました。

私が、標準医療を信頼して治療を受けている身なので

標準医療を推進する医師の本を選んで読んでいるというのはありますが

多くの医師が、標準医療を使わない手はないと、断言しているのを読むと安心します。

そして、ここのところ読んでいるがん関係の本で

どの医師も触れているのが、「前向きに治療に取り組む」という姿勢や

「あきらめたり、マイナス思考にならない」などの心の持ちようの重要性についてです。

この本も、「誰かのために活動をする」「希望を持つ」ことが

ステージ4をぶっ飛ばしている人たちの共通点だとありました。

ステージ4は、重い事実ですが

いろいろな本を読んで、現在の自分の療養生活が間違っていないことを

確かめることができると、読んでよかった!と思います。

そしてこれが、まさに前向きな思考を持ち続けられる根拠になりますので

接する情報は常に「いいとこどり」で吸収していくつもりです。

食生活の大幅な見直しなど、

自分の生活に落とし込むことがとても無理・・というような情報は

スルーして、気にしないことにしています。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)