【乳がん】笑いの効能

落語家の林家木久扇さんと、日本医科大学名誉教授の吉野槇一さん

ふたりのがん患者が解き明かす「がんに負けるな!」を読みました。

https://amzn.to/3MZIbOg

落語で泣いて笑って、頭の中を真っ白にすると、ストレスがグーンと下がるんです。「笑いの実験」で血液データが実証!

「BOOK」データベースより

「笑点」で人気の木久扇さんは胃がん、咽頭がん、吉野先生は肝臓がん患者です。

お二人の、<がんジイ対談>が冒頭に収録されています。

対談のあとは、吉野先生が「病気とストレス」の因果関係について

多くのページを割いて解説してくださっています。

「笑う」「泣く」「寝る」「何かに没頭する」この4つが

ストレスを軽減、もしくはなくす作用がある

「脳内リセット」というシステムに役立つと明記されていました。

がんであることを忘れている人や、

がんに前向きに立ち向かう人ほど、

生存率が高いそうです。

好きで、没頭できる趣味を持ったり、笑ったりすることが

良い作用があるのは、ありがたいですよね。

治療のために生きているのではなく

生きるために治療を受けているのですから

日々は、楽しく愉快なものにしたいと常々思っています。

これからも、あつ森に没頭し、他愛無いことでも大いに笑い

好きなお笑いを見て元気に笑って過ごしていこうと思います。

この「がんに負けるな!」は、図書館で見つけて借りてきました。

いっしょに、「走れ外科医」も借りてきて読みました。

【乳がん】がん外科医の本音←この記事で紹介しましたが、もう一度。

https://amzn.to/3wipjnH

研修医だった主人公が、だいぶ成長していて、何やらうれしくなりました。

シリーズ物の醍醐味ですね。

禁食中なのにお寿司を食べちゃう困った患者が出てきたり、

医者の私生活が垣間見えたり、興味深く読みました。

続編が今から楽しみです。

読書も楽しい時間なので、積極的に読んでいこうと思います。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)