【乳がん】味覚の変化

がんになる前、というより抗がん剤治療を始める前と今では

食べ物の好みが微妙に変わりました。

もともとは、鶏肉が大好きでした。

煮る、焼く、揚げる、蒸す、茹でる・・・

どの料理法でも好きでしたが

今は、あまり食べなくなりました。

きらいになったわけでも、苦手になったわけでもなく

食べたあと、調子が悪くなるわけでもありません。

お肉そのものを食べたくなくなっていた時期がありましたが

それを過ぎて、なんでも元通り食べられるようになったとき

鶏肉は、あまり食べたい気持ちにならないことに驚きました。

ほかにも、前は好きだったはずなんですけど

ピザやウナギを食べたいと思うこともなくなりました。

今からちょうど、1年前ぐらいには

唐突にラム肉が食べたくなった時期がありました。

なんでラム肉??と、いぶかしく思い調べてみると

免疫力を上げる必須アミノ酸が豊富に含まれていることがわかり

なるほど、体がほしがっているのかな?と納得しました。

体は、必要なものをほしがるようにできているのかもしれません。

だとしたら、甘いものが食べたい~!という欲求も??

【乳がん】甘いものが食べたい話

そうだったらいいのにな、と思いますが、きっとちがいますよね。

お酒をやめたことも影響しているかもしれません。

以前、人生最後の晩餐は何がいい?

という問いへの答えは、焼き鳥(手羽先)でしたが

今は、アイスクリームです。

昔、テニスプレイヤーのナブラチロワさんがアメリカに亡命してきて

アイスクリームを食べすぎて太ったと、聞いたことがあります。

おいしいですからねえ。

でも、悪魔の食べ物でもありますから、ガマンしています。

もういらない!というぐらい、食べてみたいものです。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)