【乳がん】頑張らなければ、病気は治る

記事タイトルは、最近読んだ本のタイトルです。

なぜ病気は「治そうとしない」人ほど治るのか?40万人が支持する心が一気に楽になる方法。必ず病気が治る3つのステップ。

BOOK」データベースより

著者は、精神科医の樺沢紫苑さんという方です。

各章ごとに、最後にまとめがあって

内容を確認しながら読み進められるわかりやすい一冊でした。

冒頭の文章を紹介します。

 自分の病気を治すのに本当に必要なのは、名医を探して渡り歩くこと、薬の変わりになる代替医療を探すことではないのです。もっと自分と向き合い、自分の病気を受け入れる。ただ。それだけで自然治癒力のブレーキが解除され、驚くほどの勢いで病気が治っていく。
 そんな方法を書いた、日本で初めての本です。

本文より

この文章の中にある「自然治癒力」のメカニズムを、精神科医の観点から解説してくれています。

がんに特化した本ではないので、うつ病や糖尿病など、患者の事例は様々ですが

自分がどう病気と向き合うかを、今一度考えさせられました。

また、私自身が抵抗があって使ったことがない「闘病」という言葉も

この先生は「病気と闘うべきではない」と、否定していることもあり、興味深く読めました。

タイトルどおり、私は「頑張っていない患者」なので、とても気持ちが楽になりました。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)