【通院】突然の不正出血

タイトル、おかしいかもしれませんね。

「不正」が、すなわち「突然」という意味があるのかもしれません。

辞書で調べたら「正しくないこと」以外に「ふぞろい・不整」などの意味もありました。

それはともかく、不正出血にびびりました。

そもそもは、「【乳がん】抗がん剤の効能」この記事で書いたんですが

体調に不穏なことがあり、婦人科受診を検討していました。

具体的には、かなりの量の水っぽいおりものが出たことです。

下着どころか、ズボン(死語ですか?)まで湿ってしまうほどですから、ただごとではありません。

それで、調べてみたところ、怖いのはやはり子宮がんなんですが

その前兆に見られるおりものと、どうも違うようだし出血もありません。

そもそも、抗がん剤をのんでいるから、頸がんのほうは罹患していても、すでに治療中になりますし

体がんは、エストロゲンをストップする薬を飲んでますから、かかる確率がすごく低いことなどがわかりました。

そして、あれこれ調べていくうちに、膣炎とか子宮内膜炎だろうと予想していました。

炎症を起こしているのなら、免疫力が低下していますから

放置しておいても治る確率は低いことを思い知っていますので、
【免疫】免疫が下がっていることを実感

自覚症状が出て3日目の午前中、近所の産婦人科に行きました。

ところが、この病院は完全予約制だそうで、とんだおしかけ患者になってしまいました。

それでも、病院の人が親切で午後の予約を取ってくれ、出直すことになりました。

そして、その日の夕方、さてそろそろ行こうかなと、お手洗いに行ってみたら

なんと、トイレットペーパーに血がついているではありませんか!!!

愕然としました。

不正出血=がんの可能性がぐぐんと高くなりますから

やだやだ、もうやめてよーと、ガクブルしながら病院に行き、受診しました。

受診のときのあれこれは、また別記事にするとして

診断結果を書くと、萎縮性膣炎というものでした。

まだ、詳しい検査結果が出ていませんが、医師が言うには

閉経後の女性に100%見られる症状だそうです。

女性ホルモンが減ったせいで、潤いがなくなり

膣内があかぎれ状態になってしまうそうで。

私の場合、エストロゲン(女性ホルモン)抑止剤を服用していますから

もう、枯れ枯れなんでしょうねえ。。。

でも、出血もそのせいだろうとのことで、一安心でした!!!

いやはや、瞬間的にでしたが、とってもびびりました。

乳がんを告知されたときのあの落ち着きは、どこに行ったんでしょう?

「がん」という病気のたいへんさ、忌まわしさを思う存分知ってるだけに

転移はともかく、別の新たながんは、やめてほしいなあと思っちゃったんでしょう。

投稿日:
カテゴリー: 通院

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)