【乳がん】街中で労わられる

アニメファンの聖地「アニメイト」に潜入した記事にも書いたとおり(【乳がん】記憶をアップデート)

開店時刻より早く店に到着してしまいましたので、しばらく時間をつぶす必要が生じました。

歩いてのども乾いていたし、すこし早いけれどお昼も食べちゃおうかな?と

これまた若者のようなチョイスだったんですが、近くのマクドナルドに入りました。

マックで食事なんて、何年ぶりでしょう??

もともとは、私が小学生ぐらいのころに日本に上陸したファストフードの先駆けです。

立派なマック世代といって問題ないはずなんですが、メニューが増えていて驚きました!

チキンタツタが食べたかったんですが、チキンバーガーだけで3種類もあるんですねえ。

カウンターの中にいた若い女の子が、とっても親切に商品説明をしてくれたので、何とか選べましたし

バリューセットを選んだものの、コーラをがぶ飲みしたかったので

「このコーラは、お金を払えば大きくしてもらえるのかしら?」と聞いたら

「大丈夫ですよ!!」と言ってもらえて、Lサイズのコーラも無事にゲットできました。

注文が終わって、さてしばらくここらへんで待つのよね?と思ったら

大きな番号札を渡されて「こちらを持ってお席にどうぞ。お食事はあとから運びますので」と言われました。

え??マックってそういう店だった??

今どきは、マックも変わったのねえと思いながら席で待っていたら

周りのお客さんたちは、自分でトレイを運んできてるんですよね。

私だけ???

それって・・・と、まわりを改めて見てみると、

アニメイトがあるような、若者の集まる場所ですから若い人たちばかりでした。

なるほど!!老人にやさしいマックなのね!と、納得していたら

トレイを店員さんが運んで来てくれて、無事に食事にありつけました。

そして、食べ終わったころ、またもや店員さんがさささっとやってきて

「おさげしますね~」と、私のトレイを片付けてくれるではありませんか!!!

んまああああ!!!なんという敬老精神にあふれた店なんでしょう!!

と、感心しながら席をたち、お店の人に「ご馳走様。おいしかったです」と

生まれて初めて退店の挨拶をマックでしちゃいましたよ。

いまどきの若者たちは、老人にやさしいのだなあと思ったんですが

私、57歳、そこまで労わってもらえるような老人?とちょっと不思議に思いました。

でも、店員さんたちにしてみたら、自分のおばあちゃんと同年齢ぐらいに見えたんでしょうね。

いまどきの60、70代って皆さんお若いですものね!

と、思い直し納得してアニメイトに向かいました。

そして、その話を後日、姉と母に話したら、2人に指摘されました。

それのせいよ!

2人が指さしたのは、私のバッグにいつもついているこれです。

ヘルプマークを見たから、店員さんたちが親切にしてくれたんだと言われ

なるほどー!!でした。

どこかで突然倒れたとき、抗がん剤を服用中なので、

併用できない薬があることがわかるように

おくすり手帳を発見してもらうために装着しているマークですが

はたからみると、どこにどんな疾患があるのかわかりませんものね。

トレイの上げ下げぐらい、自分でできたので申し訳なく思いつつも

マックの店員教育すばらしいな!と改めて感心しました。

本当に困っている人にとっては、ありがたいヘルプですよねえ。

今後、少し体調が悪いからどこかで休みたいということがあれば、マックに入ろう!と、思いました。

マック全店に浸透しているシステムなのかはわかりませんけどね。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)