【乳がん】古傷の不具合に気づく

ジムに通うようになって、気づいたことがあります。

以前、骨折したところが、完全に元通りになっていなかったことです。

骨折したところは、左の肩で、手術したあとリハビリに半年以上通いました。

当時、すでに専業主婦だったので、理学療法士の先生が立ててくれた

リハビリスケジュールを完全にこなすことができて

働いていたら、こんなに頻繁に通えなかっただろうから

腕がしっかり上がらないままだったかもしれないなと

リハビリに通えたことに、喜びを感じていました。

ところが、腕を縦に回転させる動きをしてみて驚きました。

左腕は右腕と同じようにまっすぐ回すことができず

少しだけですが、外側に向いてしまうのです。

アスリートじゃありませんから、そんなこと、どうでもいいんですけど

なるほど、体って、そういうふうにできているんだなと、改めて気づいた次第です。

私は、がんが発覚したときすでに遠隔転移していましたので

手術なしで、治療が進められました。

ステージ4は根治が望めない以上、患者の体の負担になる手術はしないと説明されました。

乳房やリンパ節を除去する手術が体に与えるダメージは、さぞかし大きなことでしょう。

ちょうど、今読んでいる本の主人公が乳がんにかかり手術したあと

リンパ節を廓清したため、重いものを持たないようにと、医師から指示されるシーンもあり

なるほど、そうなんだなあと思いました。

体って、傷めたり病んだりしたら、すっかり元通りというわけにはいかないんですよね。

それでも、生活に支障が出ないよう、医療が助けてくれています。

医学は日進月歩ですから、今後も患者の負担を軽くする治療方法は

どんどん開発されていくのでしょう。

ありがたいことです。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)