【乳がん】病名を隠す気はないけれど

ジムに通い始めたばかりなので、トレーナーさんからいろいろとレクチャーを受けています。

ジムで何がしたいか、どうして通うことにしたのか

いわゆる、動機を聞かれたとき、

「持病があるので、体力づくりをしたいと思いました」と答えています。

プライバシー侵害にうるさい世の中ですから、

「どんな病気ですか?」と聞かれることは、ありません。

私自身は、「乳がんです」と言うことにまったく抵抗はありませんが

聞かされた側には、インパクトが強いだろうなと、思われる病名です。

でも、家族や親しい人の中にがん患者がいれば、「あ、そう」ですむかもしれません。

それぐらい、ひと昔前のイメージが変化してきている「がん」ですが

人が「がん」にどのようなイメージを持ってるかは、まったくわかりませんから

やはり、オブラートに包んでいたほうが、安全なんだろうと思います。

姑は、私がステージ4のがんと聞いたとき、余命いくばくもないと勘違いした様子でした。

過剰にいたわってもらって、申し訳なく思いました。

ジムで、おばあさん同士の会話をよく耳にしていますが

健康問題が話題になっていることもあります。

その会話に加わって、病名をカミングアウトしたらどうなるんだろう?と思ったり

人生経験を積んでいる皆さんですから、がんごときに動じないかも?と思ったりです。

投稿日:
カテゴリー: 未分類

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)