【乳がん】がんと心~妻のがんと夫

2004年刊行なので、とても古い本ですが

エッセイスト岸本葉子さんと、精神科医内富庸价さんの対談集を図書館で借りて読みました。

https://amzn.to/3weqAeC

20年前の本なので、告知に関する記載など、今とはちがうなと思うこともあれこれあるのですが

こういうことって、これまでどんな本にも書いてなかったなあと、いう箇所がありました。

「下手な夫はいらない!」とい小見出しがついた章で、夫についてあれこれ書かれていました。

一概に、夫のほうが、妻ががんであることを否認する、だとか

そして、がんが症状がないため、ふつうに暮らせるのを見ると

「おまえはがん告知されたけれど、昨日と何も変わらないじゃないか、病人ぶるな」と言われた妻の話も紹介されていました。

これは、大いにうなずける記載でしたねえ。

「病人ぶるな」と言われたことは、ありませんが

妻のがんを否認したがるというのは、まさに夫がそうでした。

そして、20年前の本で「やっと、乳がんの診察につきそってくる夫が増えてきた」とありますが

コロナの影響もあるとはいえ、私が知る限り夫婦で診察に来ている人は、乳腺外科では見たことがありません。

そして、我が夫もまだ主治医と会ったことがありません。

逆だったら?

夫ががんにかかったら、いっしょに病院へ行って、主治医の話を聞くだろうなと思いますが

夫には、そういう思考回路はまったくないようです。

それは、決して無関心だとか冷たいだとか、そういうことじゃなく、単純な性差による感性の違いなんですよね。

今もし、夫ががんにかかったら・・・

自分のことだけでも精いっぱいですから、どれだけケアしてあげられるでしょうか?

自分のことを思うと、特に何もしてくれなくていいから

普通にしていてほしいと思い、そうしてくれているので、ありがたいですが

夫は、自分が病気になったら、どうなるのかなあ?

不快な症状が出れば、かなり手がかかるだろうなと、今から覚悟しておいたほうがよさそうです。

これはきっと、多くの夫婦で同じだろうと思っていたほうが、心穏やかでいられそうです。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)