【乳がん】自然体に未来を語る

夫と、いっしょに出かける用事がありました。

電車の中で、食事をしながら、歩きながら、あれこれと話をしました。

家にいても、もちろん話はしますけど

たまの外出ですから、まとまった話ができました。

夫が61歳、私が57歳ですから

当然、老後はどうだ、こうだという話になります。

話していて、ふと気づいたんですが

2人とも、当たり前みたいに20年先の話をしてたんです。

そんな先まで、生きてるかどうかわからないのに。

というと、乳がん患者の私のことかと思われそうですが

いえいえ、夫だって20年先は81歳です。

天寿をまっとうできれば、生きているでしょうけど

その前に力尽きることだってあるかもしれません。

それでも、「20年たったらさあ・・」とか

「そのあとは・・」とか

さらに先のことにまで話が及びました。

さすがに、夫も「ま、生きてればね」と言っていました。

ほんとうに。

生きていなければ、できないこともあるし

生きていればこそ、問題になることもあります。

どうなるか、だれにもわからないけれど

20年後、私は77歳。

なんと、「古希」を通り越して「喜寿」です。

「喜寿」、節目の名前として、とてもステキですね。

喜ばしい77歳を迎えられるように、がんばらなくちゃ!

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)