【乳がん】がん患者だから、あきらめたこと

多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん患者、それが私ですが

日常生活に不便を感じることは、ほとんどありませんし

できないこと、行けないところ、食べられないものなど

行動に制限もありません。

ただ、がん患者にはできないこともありますよね。

治療中の患者は、献血ができないそうです。

そんなふうに、社会の側から規制を受けることもありますが

個人的にあきらめたこともあります。

それは、犬と暮らすことです。

私は、とても犬が好きで、いつか犬と一緒に暮らしたいと願っていました。

でも、がんの治療を受けてみて、「これは、無理だな」と思うようになりました。

いっしょに散歩をすれば、運動が楽しくできますし

そこに犬がいてくれれば、日々の暮らしが豊かになることは、まちがいないのですが

ときどき、薬の副作用でぐったりしてしまうことがあります。

そんなときに、「今日のお散歩はなしね」とガマンさせるのは、犬がかわいそうすぎますし

犬って、こちらのコンディションをよく見ていて、具合が悪いときは

心配して、ずーっとそばを離れないんですよね。

それだけ、心が通じ合うパートナーになれる相手ですから

自分のコンディションの変化にまきこみたくありません。

来月早々、引っ越すことが決まりましたが、あれこれ見て回り

新居に決めたところは、ペット不可の住まいです。

がんでなかったら、決めなかった物件でした。

病気ですから、あきらめることがあって当たり前です。

悲観はしませんが、やはりかなり残念です。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)