【乳がん】明るく前向きになれる 乳がんのお話100

記事タイトル=最近読んだ本のタイトルです。

乳がんの正しい知識と治療、「命の食事」と名づけた食事と生活術について100のお話にした、「乳がん」を乗り越える力を引き出す処方箋。

「BOOK」データベースより

著者は、乳がん専門医の南雲吉則さんです。

100のお話は、ひとつひとつが短くまとまっていて、わかりやすいですし

小見出しを見て、自分に必要なところだけ拾い読みするのも簡単そうです。

私は貧乏性なので、自分に関係ないところでも、じっくり読んじゃいますけどね。

お話の多くが、手術を受けることを前提としているものだったので

関係ない話が多かったんですけど、興味深く読みましたし

「患者」として、医師が語ることを読むと、必ず何かしら新しい気づきが得られます。

第57話は、「職場復帰の必要性」というお話で、手術後のリハビリについてでした。

「がんに勝つためには内面からわき起こる生命力が必要です」とあり

外に出ない1日がよくないことを説いています。

働くことがいかに有意義かが語られたあと、働いていない人にも触れています。

そこでは、1日のスケジュールを決めて過ごすことが勧められています。

朝起きたら散歩。このとき、軍手をして火ばさみ(金属製の長いやつ)とレジ袋を持って、歩きながらゴミやタバコの吸い殻があったら拾うのです。近所の人とすれ違ったら「おはようございます!」、子どもには「おはよう!」と声をかけるのです。
(中略)
人のために働き人から必要とされる、それが生きているということです。

本文より引用

ここを読んで、これは私のような手術をしていないがん患者にも、

そして、これからもっと年を取っていく身として、

老人全般にもあてはまる金言だなあと、思いました。

病気になると、生きることの意味を考える機会が多くなります。

生きるために治療を受けていますから、生きている毎日が

自分にとって豊かなものでないと、しんどい治療が嫌になっちゃいます。

火ばさみを持って出かけるかどうかはともかく、

人のために働き人から必要とされる身でいようと思います。

もともとが引きこもり体質なので、無理はせず

「人=夫」という狭い世界での生き方になりますけどね。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)