【乳がん】仕事をしてみて思うこと

義兄から回してもらっている仕事を、日々こつこつと続けています。

時間にすれば、1時間とか2時間程度と短いのですが

している仕事が、いわゆる「昔取った杵柄」にあたるので

仕事中、不思議な気持ちになります。

抗がん剤治療が始まって半年ぐらいたったころ、

内職状態で細々と続けていた仕事を辞めました。

それ以来ですから、久しぶりなんですが

雇用主が義兄であること

さらには、私のお小遣いになればと、好意で回してくれているだけなので

厳しいノルマは一切なく、できるときにできる範囲で、という

夢のような条件の仕事ですから

かつてのように、泣きながら働くなんてことは、ありません。

昔と同じジャンルの仕事なので、いろんなことを思い出します。

そこには、ストレスまみれでやさぐれていた私がいます。

あのころに比べたら、今はなんと幸せなんだろうと思います。

そういう時代があったから、がんになったのかもしれませんが

がんになってもなお、今のほうがずっとずっと幸せです。

あのころの、しんどくてつらかったことを思い出すと

病気なんて、たいしたことじゃないよ。

抗がん剤の治療のしんどさなんて、どうってことないよ。

と、本気で思えます。

だから、やっぱり長生きしなくちゃと、思います。

せっかく幸せだなあと、毎日思えるようになったんですものね。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)