【乳がん】乳がんが再発した友人

17年ほど前のことです。

某所で、人生初のブログを開設し、日々の雑感を記事にしていました。

そこに、同い年だという女性が「価値観が似てると思う」とコメントをくれて、

お気に入り登録もしてくれました。

私もその人のブログを読みにいき、たしかに感じ方や人とのかかわり方など

多くの点で共感できる人だったので、お返しにというのではなく

お気に入り登録をさせてもらいました。

そこから、その人、仮にAさんとしますが、

Aさんとは仲良くなって楽しく交流することになりました。

Aさんは、乳がんと離婚の経験者で、

看護師をしながらお子さんをひとりで育てていました。

乳がんを患ったのはまだ、Aさんが独身、二十代のころで

乳房全摘(後に再建)、化学治療を受けた後は順調に回復していたのですが

知り合って半年ほどが過ぎたころ、再発したという記事がアップされました。

今、自分ががん患者になっていても、そういうときにかける言葉を知りません。

ですから、その当時はもっと、どうコメントをすればよいかわからないまま

それでも、何かはコメントしたのでしょうけれど

Aさんと、どんなやりとりをしたのかは、覚えていません。

Aさんは、とても、狼狽している様子でしたし、それ以上に

大きな悲しみと絶望に包まれていることが伝わってきました。

もう一度、あれをやるのは無理。

そういう内容が、最後の記事でした。

Aさんはブログを閉鎖することもせず、どこかに消えてしまいました。

Aさんが無理だと感じた「あれ」とは、手術、治療、再建のことでした。

当時の様子は、過去記事で読んでいて

たしかに、もう一度はつらすぎると思える闘病記でした。

その後、Aさんがどうしたのかは、まったくわかりませんが

気力を振り絞って、もう一度治療を受けてほしいなと

当時も思いましたし、今はもっと強く思います。

あれからもう、17年経っています。

お別れのご挨拶をすることもなく突然、ご縁が切れた人だから

きっと治療を受けて、どこかで元気にしていると思えるのは、救いです。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)