【乳がん】世間での「がん」の扱われ方

国内の梅毒感染者数が1万人を超えたそうです。

治療をすれば治る病気ではありますが、放置すると死にいたることもありますし

感染したまま妊娠すると、胎児にも影響が及びますので、治療を受けることがだいじですよね。

梅毒は、かつては治療法がなかったため、多くの人が命を落とした病気でした。

抗生物質が開発されて、完治できる病気になっただけでなく

一定期間、薬を飲み続ける必要があった治療方法までも変わり、

一回の注射で治せるようになったそうです。

梅毒だけではなく、治療、予防方法が開発され、不治の病でなくなった病気には、結核や天然痘などもあります。

医学の進歩って、後世の人間は当たり前に享受しているけれど、たいへんありがたいことなんだと感じます。

がんは、まだ治らないケースが多い病気ですが、私が子どもだったころのことを思えば

病気の重さが変わってきていると感じます。

もちろん、たいへんな病気なんですが、生き延びられる期間が飛躍的に伸びていますから

すぐに死を覚悟したり、あきらめたりしなくてもよい病になってきています。

でも、そう思っているのは案外、患者本人だけなのかもしれません。

先日、通っているジムで健康器具の販売会があって、販売スタッフさんが

「・・・というわけで、そうなるとがんになったりしちゃうんですよねー!そうならないために・・・」と、

がんにかかりたくなければ、この器具を買うといいですよ的なトークをしていました。

がんって、そういう扱いをされる病気なんだよねと、少し、傷つきました。

でも、たしかに誰だって、「がんになんか、なりたくない」と思うでしょうから、ナーバスになりすぎないほうがいいと思います。

でも、なかなか「私、がんなんですよ」とは、言いにくいかな。

反応が、きっと「まあ、お気の毒に・・・」というようなものだろうと思うので、めんどくさくなります。

確かに、それはよかったですね!という状態じゃありませんけどね。(笑)

このあたりの複雑な心情は、あまり考えずにいたほうが平和でしょうね。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)