【通院】看護師さんに思うこと

病院に行くたびに感心することが、看護師さんたちの優しさです。

化学療法室のお世話になっていたときは

特に、きめ細やかなケアをしていただきました。

化学療法室を卒業後は、外科外来のみの通院ですが

患者の状態や個性を把握していることに驚きます。

たくさんの患者に対応しているでしょうに

月に1度通ってくる私のことを、ちゃんと覚えてくれていて

待合室にいるときや、ランマークの注射をするときなどに

私の好きな話題を振って、話しかけてくれます。

どうして、こんなにやさしいのかなあ・・

それは、私の病気ががんだからかな?と思ったこともあります。

もう30年以上前のことですが

整形外科病棟に入院したとき、がさつな看護師さんの対応に

デリカシーがなさすぎ!と、あきれたこともありますので。

でも、今通っているT病院では

がんではなさそうな患者さんたちにも

看護師さんたちは、やさしく、親切に笑顔で対応していますし

採血室で対応してくれる看護師さんたちも、どの人に当たっても

皆さん、思いやりのある声掛けをしてくれます。

(注射のうまい、へたはありますけどね)

考えてみると、最初に誤診された、I病院の看護師さんのことは、何も覚えていません。

感じが悪かったわけではなかったのでしょうけれど

特に、心を砕いてもらってありがたい!と、思ったこともなかったのでしょう。

結論としては、病院そのものが「大当たり」だったんだなと、なりました。

最初に「大外れ」をひきましたので、収支トントンです。

大外れの詳細は、こちらをご覧ください。
   ↓
【乳がん】へっぽこ病院でまさかの誤診!?

姉が、「人生は収支トントン」と、よく言っていて

私も、たしかにそうかも、と思うことが多々あります。

「がん」という大きな禍をひいてしまいましたが

きっと、何かいいこととトントンになっていくはずです。

治療が順調なことも、いいことですし

信頼できる主治医に出会えたことも、いいことです。

ほかにも、きっとトントンになるいいことが、たくさんあるはずなので

いいことを探しながら、暮らしていきたいなと思います。

投稿日:
カテゴリー: 通院

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)