【乳がん】「胸がふさがる状態」と病気

「病は気から」とは、昔から言われていることですが

がんや免疫についての本を読んでいると

「くよくよしないこと」「心配しすぎないこと」「怖がらないこと」

などなど、療養生活の心がけとして書かれていることが

たくさんの本で重なっています。

さらには、がんの原因となるものが「ストレス」で

その具体的内容として「苦悩」や「心配」「不安」などなど

思い煩うことが挙げられている本も、とても多いことにも気づきました。

これが、「病は気から」というものなんだろうなあと思います。

とある本に、「胸がふさがるような思いをした人は、乳がんや肺がんになりやすい」と書かれていました。

その理由は、胸がふさがるほど思い悩んでいると、胸部の血流が悪くなるからだそうです。

血流が悪くなることによる影響について、詳しい解説がありましたが、

そうなの?「胸がふさがる」って比喩表現じゃない?と訝しく感じました。

でも、そういえば私も大いに思い悩んで、胸がふさがるような時期を過ごしたよなあ・・

不安や恐怖で胸がぎゅーっとなることもあるしねえ、とも思いましたし

「胸がいっぱいになる」「胸がつまる」「胸を躍らせる」などなど

「胸」を含む慣用句が多いのは、

昔の人が、感情と体の結びつきを感じ取っていたからかも?とも考えました。

とはいえ、もうすでに病気になってしまいましたから

いまさら原因をつきとめたところで、結果は変わりません。

今後の展開を変えるために、「病は気から」を信用して

明るく笑って過ごすのがよさそうだなと思いますし

病気じゃなくても、そのほうが人生楽しいよねとも思います。

難しいことを考える必要はなくて

ただ単純に、一日一日を楽しく過ごすことが、

人にとっての幸せなんだろうと思います。

病気がない健康な状態であっても、楽しくない日々を過ごすなら

それは不幸なことだと考えてみると

病気になったか、なっていないかなんて、小さなことだなと思えてきます。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)