【通院】病院に行った日、家にいる夫 その2

前回「【通院】病院に行った日、家にいる夫」の続きです。

病院に行った日、夫のお昼はたいてい焼きそばでした。

昼ご飯は、麺類にしてほしいと言われていて

家で作るときは、問題ありませんでしたが、作り置きで麺類って・・・?

どれもこれも温めて食べるには不向きに思えて

試行錯誤して、焼きそばに落ち着きました。

せっかく作った焼きそばですが、味覚障害があった時期、食べたくなくなって

自分の昼食は、パンを買って帰るようになりました。

そうして、1年ほどが過ぎて、私の心境が変わってきて

作り置きをやめることにしたのですが、

夫に突然そんなことを言ったって、承服してもらえるわけがありません。

準備として、意図的に「病院に行くとなんか、すごく疲れる」と言うようにしました。

それを数か月続けたあと、

「だから、病院に行った日のお昼は、外で食べてほしい」と言ってみたんですけど

「無理しなくて、簡単なものでいいよ」と、婉曲に却下されました。

簡単なものでいいって・・・

ちまたでポテサラやら、コロッケやらなんだかんだで話題になりませんでした?

「作るのもだけど、後片付けするのもしんどいからお弁当を買ってくるね」

と、私も負けずに却下して、お弁当を買って帰ってみました。

フンパツして、夫の大好物のホタテ丼にしたんですけど

夫は、お昼ご飯は麺類が食べたいわけですから、

ものすごーくおいしかったはずなんですけど(私も食べました!)

「おいしい」とは、一言も言わずもくもくと食べていました。

コンビニでパスタを買って帰ることも考えましたが、

それだと、温め作業が必要になってしまいます。

それぐらい、なんでもないことですが、

夫に昼食を自己完結してもらうのが目的ですから、

あえて温め不要な丼物にしました。

そしてそして次のときにも朝「帰りにお弁当買ってくるね」と言うと

「カップ麺食べるから、いいや」と、とうとう夫のほうから言ってくれました。

作り置きしていたころ、お皿とおはしだけとはいえ、洗い物はしてくれていました。

カップ麺になると、ゴミの始末の仕方がわからなかったようで

容器が台所に放置されていました。

今はまだ、いいですけど、これから暑くなってくると

食べかすのついた容器を放置されると、虫がきそうでいやですね。

ホタテ丼を買って帰ったときも、カップ麺を自分で用意して食べてくれたときも

文句を言うわけではない夫ですから、それぐらいはガマンするにしても

ゴミの出し方も、機を見て少しずつ覚えてもらわないと

いつか、本人が困りますよね。

ほかにも、生活に必要な管理業務って、たくさんあります。

それらを、ひとつずつ教えていくことを思うと、気が遠くなります。

なるべく、夫より長生きしたいなと真剣に思います。

それもまた、療養のモチベーションになってるから、よしとします。

投稿日:
カテゴリー: 通院

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)