【乳がん】がん細胞ができた理由~推察による納得

がんを告知されたあと転院し

そこで今も診ていただいている主治医となる先生に

この腫瘍は10年かけてここまで大きくなった

と、言われました。

そのとき、ほほう!!

なるほど!!!

と、膝を打つ思いでした。

10年かかって大きくなった、ということは

つまり、がん細胞が出現したのは10年前。

それは、私が死んじゃいたいと思ったときではないですか。

なるほど、なるほど。

あのとき私が強く強く願った

病気になって死んじゃいたいサインを

細胞たちはしっかり受け取って

きちんと自殺スイッチ入れていたんだ。

なるほど、でした。

あのときは、本気でそれを願ったのだから

後悔しては、いません。

本当に、ただただ納得したのです。

当時のストレス、人間を殺すほどの破壊力があったんだね。

と、夫にも話すと

そのころの私の状況を知っている夫もまた、なるほど!となり

そんなはずはない期をやっと脱出しました。

人間、納得すると現状を受け入れられるもののようです。

投稿日:
カテゴリー: 乳がん

作成者: ギリギリchop

1964年生まれ 専業主婦です。 同居家族は4歳年上の夫。 多発性骨転移あり、ステージ4の乳がん治療中ですが、あつ森で楽しく遊ぶ毎日です。 あつ森の活動は、YouTube動画にもしています。 〈夢番地〉 メイン島=Bz島(とう) 4235-3076-8158  サブ島=あいのバクダン島(じま) 6602-5444-4994

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)